スポンサードリンク

お香典と不祝儀袋のマナー

■お悔やみのマナー■


お香典不祝儀袋』について

お香典は、故人との別れ・遺族へのいたわりの気持ちを持って、
供物として霊前に供えるという意味です。

お通夜か告別式に持参するようにしましょう。


不祝儀袋のマナー
不祝儀袋は金額にふさわしいものを選びましょう。
包む金額とのバランスが大切です。
宗教によってマナーは異なりますので、
故人の宗教を尋ね、ふさわしいものを準備しましょう。

・キリスト教式・・・ゆりの花や十字架の絵が入ったものが一般的ですが、
無地の白封筒でもかまいません。
「御霊前」「御花料」はカトリック、プロテスタントで使用。
「御ミサ料」はカトリックで使います。

 
・神式・・・
水引は双銀もしくは双白の結び切りのものを使用します。
表書きは「御榊料」「御玉串料」と書いたものを。
「御霊前」も可能です。


・仏式・・・水引は白黒の結びきりのものを使用します。
表書きは「御霊前」「お香典」などが一般的です。



お香典のマナー

お香典の金額の相場
お香典の金額は、
故人との関係や、弔問に訪れる人の年齢、お気持ちなどにもよります。

近隣や一般の会葬者であればお香典の金額の相場として
3000円〜5000円ぐらいが妥当でしょう。
親族や家族であれば10000円〜、50000円〜ぐらいが
妥当です。

お札は新札は避けましょう。
ただし、故人に失礼にあたらないよう、
あまりにしわのあるものやよごれのあるものも
避けるようにしましょう。


・お香典の書き方
お香典の書き方は、
表書きの氏名は、毛筆や筆ペンで書くようにするのがマナーです。
色はグレー。
薄墨で書くのが正式とされています。
ボールペンは使わないようにしましょう。

お香典の金額の書き方は、漢字の「旧字体」で書く縦書きとし、
金額の最初には「金」をつけて書きます。
書きにくい場合は、普通の漢数字でも問題ありません。


お香典の包み方
香典はむき出しのままではなく、
袱紗(ふくさ)につつんで持参ようにしましょう。
フクサの色は慶事でも使える紫か、グレーが一般的です。

袱紗(フクサ)での包み方は・・・
弔辞は左包みで。
袋を中央に置き、右側をかぶせるようにおり、
下側、上側を折り重ねます。
左側を折り重ねて端を右側に巻き込んでくるみます。



●訃報を受けたら

まず故人の氏名、喪主の氏名、死亡日時、死亡原因、
通夜・葬儀の日時と場所を確認し、
参列の意志を伝えるようにしましょう。

故人と親しく付き合っていた場合は、
通夜、葬式の両方に出席します。
葬儀に参列できない場合は通夜だけでも伺います。

どうしても通夜・告別式に参列できない場合は
弔電を打つようにしましょう。

通夜の振る舞いに招かれたら、
故人と供にする最後の食事、供養という意味が
込められていますので、一口でも箸を付けるようにしましょう。
posted by お香典と不祝儀袋のマナー at 11:10 | お香典と不祝儀袋のマナー
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。